ataglance
Agentsとは? > 一目でわかるAgents
facebook twitter linkedin
東京大学株式投資クラブAgentsは
株式投資を通じて社会や経済を学ぶとともに
学生という立場を活かし金融のプロと一般の方の
「仲介役(=Agent)」となるべく活動しています。

東京大学株式投資クラブAgents は2003年に当時法学部生の福田浩基さんを中心に設立されました。当時は投資クラブの先駆けとして、そして現在では最も歴史ある大学の投資サークルの1つとして活動を続けています。

主な活動

レポート勉強会

隔週の勉強会で担当者が銘柄レポートを作成・発表し、メンバーでディスカッションしています。

株式投資

勉強会での知見をもとにメンバーがそれぞれ自己勘定で株式投資を行なっています。

イベントへの参加

証券取引所の個人投資家向けIRイベントや、アセットマネジメント会社の投資コンペ、日経TESTといったイベントに参加し、日頃の活動の成果の確認とそのフィードバックを行なっています。

Web・新聞・テレビ・書籍などの多彩なメディアによる情報発信

これまで6冊の書籍(内容は主に初心者向けの投資や経済に関する入門書)の執筆を手がけているほか、新聞やテレビ、雑誌といったメディアからの取材に応じることで、投資の啓発活動を行なっています。

イベントの実施

東京大学の学園祭にて経済・金融界のプロの方をお呼びして一般の方向けの講演会を開催しています。過去の講演者として、勝間和代氏、澤上篤人氏、松本大氏、渋澤健氏、森生明氏、河野龍太郎氏、藤野英人氏にご講演いただきました。

企業訪問

上記勉強会で議論になった銘柄について、実際に企業やその工場に訪問してIR(投資家情報)担当の方とAgentsのメンバーでディスカッションをしています。

投資クラブ設立のお手伝い

大学の投資サークルへの認知度はまだ低いのが現状です。Agentsでは投資活動を行おうと考えている団体に対して、投資の基本や運営ノウハウ、モラルハザード対策に 関してのアドバイザリーを行なっています。