オンラインゲームの普及により、キャッシュレスなBitCashが広まりました。

電子マネーやギフト券の活用法ヘッダー画像

IT革命とBitCash

キャッシュレスを世に広めた功労者としてBitCashは欠かせない存在です。
現金のみが支払い手段だった時代に新しい価値観を提案したと言えるでしょう。
まさに、BitCashはIT革命と言って良いほどなのです。

 

誰でも気軽に購入可能で、インターネットでの買い物に利用出来るBitCashはキャッシュレス化を強く意識させるものでした。
まだまだインターネットで買い物するのが一般的ではなかった時代に、少額の決済を簡単に行えるようにしたのは画期的です。
今では当たり前のことが当時はIT革命と呼ばれる状態だったのです。
BitCashが生み出した革命について、詳しく見て行きたいと思います。

 

BitCashとは?

BitCashのロゴ

そもそもBitCashとは何なのでしょうか?
これはウェブマネーと呼ばれるもので、主にインターネットでの買い物やコンビニ等で各種イベントチケットを買うのに利用されます。
オンラインゲームやネット上のサービスの支払いもBitCashで行えるのが特徴です。

 

BitCashが無い時代は、実際に店舗へ行って支払いをしたり、銀行口座に振り込みを行ったりしないとサービス利用が出来ませんでした。
しかし、BitCashが登場した後は、コンビニ等でウェブマネーを購入して即座にサービスを利用できるようになったのです。

 

16文字のひらがなを入力すると、事前に支払った金額と同額がウェブ上で利用可能になります。
事前登録などの必要が無いので煩わしさはありませんし、セキュリティーが安全だったのも普及のポイントになるでしょう。
使い過ぎる心配が無く少額から使えるため、インターネットでちょっとしたサービスを楽しむために役立ちました。

 

現在でもBitCashの利用率は高く、コンビニ等でカードが置いてあります。
電子マネーは実店舗でのキャッシュレス決済に向いており、BitCashはインターネット上での決済に適していると考えると分かりやすいでしょう。

 

BitCashが広まるきっかけ

オンラインゲームをプレイする人の手元

 

BitCashがさらに広まるきっかけとなったのがオンラインゲームです。
オンラインゲームへ課金する際にBitCashは非常に適していたのです。
クレジットカードが無くても購入出来ますし、何よりも手軽でスピード感が魅力的でした。

 

また、GREEやモバゲーが盛り上がっている時にもBitCashが頻繁に利用されていたのです。
ガチャを回すためにウェブマネーが使用され、若い世代から高齢者にまで普及して行きました。
その後、キャリア決済の普及とスマホの切り替えによりBitCashの存在感はやや薄れます。

 

しかし、現在でも音楽イベントや舞台などのチケット購入にはBitCashが使われています。
もちろんオンラインゲーム等でも使用されているので、依然存在感は強いと言えるでしょう。
キャッシュレス時代の先駆け的な存在として、BitCashは大きな爪痕を残して来たのです。