キャッシュレス決済は乱立しているので、お得な決済サービスを探しましょう。

電子マネーやギフト券の活用法ヘッダー画像

電子マネー乱立

多様化する支払方法のイメージ

 

世界から見ても奇抜な文化が出来上がる日本ですが、それは電子マネー業界でも同様のようです。
次から次へ新しい電子マネーやキャッシュレス決済が登場し、微妙に異なる使い方が利用者を混乱させています。

 

1つ2つならともかく、それぞれのコンビニチェーンが独自の電子マネーを展開するのはややこしいだけです。
キャッシュレス化に興味を持っている人でも、ここまで乱立した状態では二の足を踏んでしまうでしょう。
混沌とする電子マネーの乱立ですが、利用者はどのように向き合って行けば良いのでしょうか?
利便性を追求した結果の電子マネーが不便さを増長させる皮肉な結果を紐解いて行きたいと思います。

 

乱立するキャッシュレス決済

乱立するQR決済に戸惑う人

 

交通系で普及しているSuicaやWAON、セブン関係で使われるnanacoは電子マネーに分類されます。
事前に現金をチャージしておくことで買い物をワンタッチで行えるようになっているのが特徴です。
これらにどのような違いがあるかと言えば、使えるお店とポイントの溜まり方が違う程度しかありません。
厳密に言えば多々異なる部分があるのですが、ほぼ誤差と言って良いでしょう。

 

次にQRコードを使ったキャッシュレス決済があります。
ドコモのd払いやKDDIのau PAY、ソフトバンクのPayPayなどが該当します。
さらにLINE Payやメルペイ、楽天ペイにOrigami Payと名前を出せば切りがありません。
この次から次へと登場するキャッシュレス決済の方法が煩わしさを感じる原因でしょう。
利用するためには会員登録をしなければなりませんし、使い方はサービスごとに異なります。

 

使えるお店と使えないお店がすぐに分からないですし、それぞれのメリットもイマイチ把握しづらいです。
そうなると確実に使えるであろう現金を持ち歩くのが最適となってしまいます。
乱立した結果、敬遠されてしまっている状況は悩ましい限りです。

 

なぜ乱立しているのか?

椅子を奪い合う人形

電子マネーやキャッシュレス決済が乱立するのはなぜなのでしょうか?
これは非常に簡単なことで、各企業が利用者を囲い込みたいだけなのです。
混乱している原因は企業同士が自社の利益を確保しようとした暴走が原因だと言えます。

 

非常に迷惑な話ですが、この流れはまだしばらく続くでしょう。
競争に負けたキャッシュレス決済が消えて行き、最後まで残ったものを利用するのも1つの選択肢です。

 

しかし、どうせならお得なメリットを受けられるようにするのも良いでしょう。
各企業は利用者の囲い込みに必死で、100億円キャンペーンなどを連発しています。
登録するだけで2,000円もらえるケースなどもあるのです。
無理する必要はありませんが、普段買い物する場所でキャンペーンがあれば利用してみてください。