Suicaが採用したFeliCaは、現代のキャッシュレス革命の土台となっています。

電子マネーやギフト券の活用法ヘッダー画像

FeliCa開発とスイカ

交通ICカードのSuica

今でこそ電子マネーや〇〇payのサービスが溢れかえっており、世はキャッシュレス戦国時代となっています。
しかし、少し昔を思い返せば、つい最近まで現金での支払いしか選択肢がありませんでした。
キャッシュレス化の流れになったのはつい最近のことなのです。

 

特に注目したいのは、2001年にJR東日本がリリースした交通ICカードのSuicaです。
電車には切符か定期券を改札へ入れなければ乗れませんでした。
ですが、Suicaの登場によって改札へ切符などを通さなくても通過出来るようになったのです。
この時に採用された技術がSONY開発のFeliCaです。
ここではキャッシュレス革命を巻き起こす原点であるFeliCaとSuicaの関係について見て行きましょう。

 

FeliCaの技術がSuicaを普及させた

SONYが開発したFeliCa

FeliCaとは非接触型のICカード技術の名称です。
ものすごく簡単に言うと、触れたり入れたりせず近付けるだけで認識してくれる技術のことです。
現金支払いが一般的で切符や定期券を改札へ入れていた時代では、接触せずに処理が行われるSuicaは革命的でした。

 

近未来のようなファンタジーが現実のものとなり、瞬く間に普及して行ったのです。

 

非接触型なのでパスケースやカバンから取り出す必要が無いのも衝撃的でした。
利便性が大きく向上したため、JR東日本と利用者の両方にメリットがあります。

 

しかし、良いことばかりではなかったのも事実です。
高齢者や技術に疎い人からは使い方が分からないとクレームが出ていました。
新しい技術が出た際には必ずクレームがあるものなので、辛抱強く理解を求めるように努力しなければなりません。
その結果、今ではSuicaの普及率は高齢者にまで及んでいるのです。

 

キャッシュレス化の先駆け

カードやスマホにお金が入るイメージ画像

 

2003年にSuicaの電子マネー機能のモニター試験が行われ、翌年の2004年に一般へ普及を始めました。
これにより世間一般の人が電子マネーの存在を強く認識したのです。
クレジットカードではなく事前にチャージした電子マネーで商品を購入する方法は、利便性や気軽さが高く評価されたのです。

 

自動販売機や駅構内の売店でSuicaが使えるようになったため、ちょっとした買い物で財布を出さなくてよくなりました。
これこそがキャッシュレス化の先駆けとも言えるのです。

 

その後はスマートフォンの普及に伴いお財布ケータイが登場したり、QRコード決済や○○payが登場したりしています。
しかし、キャッシュレス化の先駆けになったのは身近にあるSuicaなのです。
Suicaの使用されているFeliCaこそが、キャッシュレス時代の到来を予言していたのかもしれません。
FeliCaとSuicaのこうした関係が、今のキャッシュレス時代の土台になっているのは確実でしょう。