キャッシュレス決済の推進において、セキュリティ面の保証は最も大切です。

電子マネーやギフト券の活用法ヘッダー画像

課題はセキュリティ

スマホの上に置かれた南京錠

 

キャッシュレス決済で最も大切なのはセキュリティ面だと言って良いでしょう。
個人情報の流出や現金の悪用は、利用者が何よりも恐れているものです。
事実、7payのセキュリティトラブルは社会を揺るがす大事件にまで発展しました。

 

警戒心が強く保守派の日本人にとって、安全が約束されないサービスへ踏み出すのは非常に勇気が居ることです。
キャッシュレス化を推進させるなら、セキュリティを強化した証拠を打ち出さなければなりません。
現金主義からキャッシュレス化への移行には、課題が山積みでしょう。

 

2段階認証の実装と認知

パスワードと書かれた積木と南京錠

7payの事件により、良くも悪くも2段階認証の必要性が広く知れ渡りました。
良く分からないと感じる人も、重要なセキュリティの要素だと言うことまでは理解出来ているはずです。
今後は2段階認証の有無でサービスのセキュリティレベルを判断することも可能になるでしょう。

 

こうした話をしている時に、携帯電話が盗まれていたらどうするのかと不満を叫ぶ人が居ます。
しかし、それは空き巣に入られたらどうするのか、ひったくりに遭遇したらどうするのかと同じ次元の話です。

 

2段階認証があれば本人しか知らないパスワードと、本人が持っているはずの携帯電話の両方が無ければ突破出来ません。
これが悪意ある第三者の手に渡ってしまっているなら、それは利用者側の危機管理が不足しているだけです。
その点をサービス側へ求めるのはお門違いと言って良いでしょう。

 

基本的には2段階認証が実装されていれば、セキュリティはかなり強いと見て良いでしょう。
キャッシュレスのサービスを利用する際に、これが実装されているかどうかで安全性を確かめてみてください。

 

 

保証をもっと明確にして行く

充実しているサポートのイメージ

ソフトバンクが提供するpaypayでは、クレジットカード等が悪用されたら全額を保証すると謳っています。

 

被害を受けた人が実際に保証された事実もあるので、これは信用して良い情報でしょう。

 

被害が出ている点に不安を感じる人も居るでしょうが、paypayのケースは他で既にクレジットカード情報が流出していたのです。
それをpaypayに登録して使用されてしまったので、そもそも被害を受けた個人の危機管理が甘かったと言えます。
それでも誠意を見せているソフトバンク側は企業として立派です。

 

もしも被害が出てしまった場合に、どのような保証を行うのか明言するのは大切でしょう。
漠然とした不安を持っている人であっても、保証が約束されていれば気持ちが軽くなるものです。

 

セキュリティが強化され悪用されないようになるのが最適ですが、企業側に出来ることには限界があります。
出来ることと出来ないことを理解すると、キャッシュレス化を利用するきっかけになるでしょう。